milk_btn_prev2.png

milk_btn_next2.png



IMG_7418.JPG

 暗闇の中、逃げ纏う少女。夜の森で松明を持った集団に追いかけられるのは恐ろしいですね。客観的に見ても怖いのに実際に自分自身に降りかかったらと思うと・・・
命辛々、逃げる事に成功し通りかかったトラックの運転手に助けられ都内の病院に搬送されてまずは一安心。少女の名前は島崎茜。杏子ちゃんの高校の同級生でした。

IMG_7424.JPG

 キャピトラの電話番号を教えていたので、病院から連絡を受けてすぐに向かう光太郎さんと、杏子ちゃん。杏子ちゃんの顔を見て泣き崩れる茜。あんな恐ろしい目に遭ったら誰だって泣きたくなりますね。しかし、恐怖はまだ終わっておらず茜を狙うゴルゴムの影。ヤギ怪人が催眠術で茜を操って屋上から飛び降りさせようとするも間一髪、光太郎さんによって救い出されました。

DSC_0522.JPG

 茜の故郷、群馬県朝日村にゴルゴムの魔の手が潜んでいると察知した光太郎さんはすぐさま急行!村に着くと、畑を荒らし、止めに入った守少年に襲い掛かる少年たちが。一見イジメのように思えたけれど、おかしいのはその子供たちだけじゃなくて大人も全員。茜の兄・隆もおかしくなっていました。光太郎さんに襲い掛かり、守に村長の居場所を教えろと迫りくる隆。しかし、村に鳴り響く鐘の音を聞き攻撃の手を止めて「ヤギ様にお祈りの時間だ。」と家々に戻っていきました。田舎の農村で、ヤギを邪神とした悪魔崇拝、正気を失い夜な夜な松明を持ち襲い掛かる人々。日常が、非日常になる瞬間ほど恐ろしいものはありません。金田一耕助シリーズなどに似たジャパニーズホラーな不気味さを漂わせる回ですね。


DSC_0524.jpgDSC_0525.jpg

 守によって村長の元に連れて行かれる光太郎さん。そこで村に起きた異変の事を聞きました。釣りに行って村にいなかったお陰でヤギ怪人の術に掛からなかった村長と、守。茜に村の異変を伝えるように託していました。ゴルゴムの影を確実に感じた光太郎さんはすぐさま村を調査。ゴルゴムの狙いは国際平和会議の開催地である朝日村の人々を悪の手先として、直接手を下さず国際間のいがみ合いを行わせ、人間同士で滅ぼし合う。この作戦は現実にも起きているように思えるから恐ろしいです。悪の組織によって、人々の心が操られて血を流す。もしそうだとしたら・・・

DSC_0532.jpg

 お祈り場所で、煙と呪文で人々を操るヤギ怪人。守も操られてしまい光太郎さんに襲い掛かりました。守を気絶させて、村長の元へと戻る光太郎さん。守までもがゴルゴムの手に墜ちてしまったと嘆く村長でしたが、呪文に掛からなかった理由が補聴器が外れた事だという事に気が付いて打開策を見出しました。村長として、身を挺して村人たちを救おうとする覚悟を見て光太郎さんも闘志を燃やし、ヤギ怪人へと立ち向かいました。操られているとはいえ、村人たちが家に火を投げ入れたりクワや斧などで扉や窓ガラスを叩き割る光景は恐ろしい。ある意味、異形な者が行うよりも恐ろしく感じます。

DSC_0536.jpg

ヤギ怪人の発する光線や炎に苦戦する我らが仮面ライダーBLACK!悪戦苦闘するもバトルホッパーの協力もあってすぐに脱し、煙を発生させている弱点の角をライダーチョップで粉砕!もだえ苦しむヤギ怪人に間髪入れずにライダーキックを放ち倒す事に成功しました。

DSC_0538.jpg

 村に平和が戻り、国際平和会議も無事に開催されて各国の大使とも友好関係を築く事が出来ました。隆も正気に戻り、茜も嬉しそうでした。田舎の美しい風景溢れる場所にゴルゴムの魔の手があってはなりません。劇中では、群馬県とされていましたが実際には茨城県の大子町だそうです。古き良き木造の校舎や、茅葺屋根の家々が残る素晴らしき場所。実際にロケ地巡りで訪れられる日が楽しみです。会議が行われた校舎は、近年では連続テレビ小説おひさまや、花子とアンでも使われたようです。

DSC_0539.jpg

仮面ライダーBLACKは改造人間である。その怒りと悲しみが今またゴルゴムの卑劣な陰謀を叩き潰した。人間の自由のために彼は戦い続ける。今日も!そして、明日も!!

inserted by FC2 system